<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
|Admin|RSS1.0|Atom0.3

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
新聞一覧

書評  J・ストレフ著『フェティシズム全書』(作品社)を読む
図書新聞[2016.7.30]

 

書評 アンドレ・ブルトン著、アンドレ・マッソン文・挿画『マルティニーク島 蛇使いの女』
図書新聞[2015.3.21]

書評 諏訪哲史著『偏愛蔵書室』(国書刊行会)を読む
図書新聞[2015.1.10]

書評 種村季弘著 『詐欺師の勉強あるいは遊戯精神の綺想』(幻戯書房)を読む
図書新聞 [2014.10.4]

書評 ミシェル・カルージュ著『独身者機械』
図書新聞 [2014.6.4]

日本近代文学と西洋美術
愛媛新聞 [2014.1.5]

書評 ヘンリー・ハヴロック・エリス / ジョリス=カルル・ユイスマンス著『ユイスマンス デカダンスの美学』
図書新聞 [2013.11.9]

対談 塚原史X谷川渥 F・ビュオ著『トリスタン・ツァラ伝』をめぐって

図書新聞 [2013.6.1]

書評 田中純『冥府の建築家』
日本経済新聞 [2013.2.10]

ポートレート 『新編 芸術をめぐる言葉』を出版した谷川渥氏
図書新聞 [2012.6.16]


書評 ジョルジュ・ディディ=ユベルマン著『イメージの前で』
図書新聞 [2012.6.9]

書評 諏訪哲史『領土』
図書新聞 [2012.2.25]

書評 F・イエイツ著『ジョルダーノ・ブルーノとヘルメス教の伝統』を読む
図書新聞 [2010.9.11]

書評 澤井繁男著『魔術師たちのルネサンス―錬金術からコスモロジーへ』
図書新聞[2010.6.26]

インタヴュー「肉体の知性―空手で探求」
東京新聞[2010.2.3]

「全集と私 全一巻の極めつき―『村山槐多全集』」
図書新聞 [2009.11.7]

「奇想の王国 だまし絵展」をめぐって
図書新聞 [2009.8.1]

対談 谷川渥×塚原史『シュルレアリスムのアメリカ』
図書新聞 [2009.4.4]

書評 若桑みどり著『聖母像の到来』を読む
図書新聞 [2009.2.9]

書評 中野美代子著『綺想迷画大全』
図書新聞 [2008.1.1]

書評 小穴晶子編『バロックの魅力』
週刊読書人 [2007.5.18]

書評 安達史人著『漢民族とはだれか』
図書新聞 [2006.8.5]

書評 藤枝晃雄著『現代芸術の彼岸』
図書新聞 [2005.8.6]

異ジャンル・コンサート「海馬の夢」
中日新聞 [2005.8.3]

書評 サイモン・シャーマ著『風景と記憶』
日本経済新聞 [2005.3.27]

書評 原田広美著『舞踏大全』
図書新聞 [2005.1.15]

書評 倉石信乃・柏木智雄・新畑泰秀編著『失楽園 風景表現の近代 1870-1945』
週刊読書人 [2004.12.17]

追悼 種村季弘
図書新聞 [2004.9.18]

書評 田中純著『死者たちの都市へ』
日本経済新聞 [2004.7.11]

廃墟の表象
中國新聞 [2003.5.10]他

書評 張競著『天翔るシンボルたち』
公明新聞 [2003.4.28]

書評 コスタンツォ・コスタンティーニ編『バルテュスとの対話』
週刊読書人 [2003.3.21]


書評 高山宏著『エクスタシー』
週刊読書人 [2002.9.13]

書評 草間彌生『無限の網 草間彌生自伝』
週刊読書人 [2002.5.31]

追悼・山田風太郎
週刊読書人 [2001.8.24]

書評 リチャード・グレゴリー著『鏡という謎』
中國新聞 [2001.4.29]

インタビュー あとがきのあと『芸術をめぐる言葉』
日本経済新聞 [2000.4.16]他

本の顔・著者の顔 『イコノクリティック』の谷川渥
週刊読書人 [2000.3.10]

書評 池上俊一著『ロマネスク世界論』
週刊読書人 [1999.11.12]

書評 森洋子著『シャボン玉の図像学』
日本経済新聞 [1999.6.6]

書評 神埼繁著『プラトンと反遠近法』
週刊読書人 [1999.4.2]

透明幻想 10 レーンドルフとトリュルシュ「ヴェルーシュカ」
日本経済新聞 [1999.2.4]

透明幻想 9 メレット・オッペンハイム「私の頭蓋骨のX線写真」
日本経済新聞 [1999.2.3]

透明幻想 8 モーリス・ルイス「静けさの点」
日本経済新聞 [1999.2.2]

透明幻想 7 ルネ・マグリット「野の鍵」
日本経済新聞[1999.2.1]

透明幻想 6 マルセル・デュシャン「花嫁は彼女の独身者たちによって裸にされて、さえも」
日本経済新聞 [1999.1.29]

透明幻想 5 フランシス・ピカビア「アイリス」
日本経済新聞 [1999.1.28]

透明幻想 4 マイヨール「フローラのトルソのための習作」
日本経済新聞 [1999.1.26]

透明幻想 3 ティントレット「スザンナと老人たち」
日本経済新聞 [1999.1.25]

透明幻想 2 ルーカス・クラナハ「ルクレティア」
日本経済新聞 [1999.1.22]

透明幻想 1 ヒエロニムス・ボス「快楽の園」日本経済新聞 [1999.1.21]

書評 デイヴィッド・B・モリス著『痛みの文化史』
埼玉新聞 [1998.7.19]

畸形の哲学―イベントーク「異形としての身体」に寄せて
中日新聞 [1999.1.16]

書評 ユベール・ダミッシュ著『パリスの審判』
図書新聞 [1998.8.29]

書評 高木昌文編訳『庭園の歓び』
図書新聞 [1998.6.13]

開かれた運動としてのシュルレアリスム
図書新聞 [1997.7.19]

書評 アンドレ・ブルトン著『シュルレアリスムと絵画』
東京新聞 [1997.6.22]

マクミラン社「グローヴ世界美術大事典(英語版・全34巻)」にふれて
週刊読書人 [1997.6.6]

書評 宮下志朗著『ラブレー周遊記』
図書新聞 [1997.5.3]

書評 サンダー・ギルマン著『病気と表象』『健康と病』
図書新聞 [1997.4.19]

ロバート・バルディック著『ユイスマンス伝』を読む
週刊読書人 [1997.1.10]

書評 鈴木和成著『バルト テクストの快楽』
図書新聞 [1997.1.1]

書評 浅沼圭司著『読書について』
図書新聞 [1996.9.28]

書評 フランソワーズ・メルツァー著『サロメと踊るエクリチュール』
図書新聞 [1996.4.27]

書評 ルーサー・リンク著『悪魔』
週刊読書人 [1996.3.29]

窓’96 素顔と仮面
産経新聞 [1996.5.26]

窓’96 朦朧体
産経新聞 [1996.5.19]

窓’96 無神経な言葉
産経新聞 [1996.5.12]

窓’96 カイロス
産経新聞 [1996.5.5]

窓’96 「恥の文化」
産経新聞 [1996.4.28]]

窓’96 江戸東京博物館
産経新聞 [1996.4.21]

窓’96 フジヤマゲイシャ
産経新聞 [1996.4.14]

窓’96 見立て
産経新聞 [1996.4.7]

窓’96 うろんな世紀末
産経新聞 [1996.3.31]

窓’96 駅伝
産経新聞 [1996.3.24]

窓’96 制服
産経新聞 [1996.3.17]

窓’96 裸女立像
産経新聞 [1996.3.10]

窓’96 駅の「音楽」浴
産経新聞 [1996.3.3]

窓’96 ホテルと聖書
産経新聞 [1996.2.25]

窓’96語尾を上げる?
産経新聞 [1996.2.18]

窓’96 出生地の記載
産経新聞 [1996.2.11]

窓’96 目ざわりなのは?
産経新聞 [1996.2.4]

窓’96“素晴らしい模作”
産経新聞 [1996.1.28]

窓’96賞金
産経新聞 [1996.1.21]

窓’96 京都の巨大な壁
産経新聞 [1996.1.14]

窓’96「見た目」
産経新聞 [1996.1.7]

書評 リン・ハーバー著『博物学の黄金時代』
読売新聞社 [1995.12.17]

書評 今福龍太著『野生のテクノロジー』
産経新聞 [1995.12.7]

書評 ピーター・ゲイ著『歴史学と精神分析』
読売新聞 [1995.11.26]

書評 ジャン・フィリップ・アントワーヌ著『小鳥の肉体』
読売新聞 [1995.11.12]

書評 J・ゴドウィン著『北極の神秘主義』
読売新聞 [1995.10.29]

書評 ジェラール・ジュネット著『パランプセスト』
読売新聞 [1995.10.15]

書評 勅使河原純著『美術館からの逃走』
読売新聞 [1995.10.1]

書評 ヘーゲル『美学講義』
読売新聞 [1995.9.24]

二枚の絵 パルミジャニーノ「凸面鏡の自画像」、カラヴァッジオ「メドゥーサ」 自画像の秘密
毎日新聞 [1995.9.24]

書評 鷲田清一著『見られることの権利』
図書新聞 [1995.8.19]

書評 M・サリヴァン著『中国山水画の誕生』
読売新聞 [1995.7.23]

書評 ジョルジュ・ディディ=ユベルマン著『ジャコメッティ』
読売新聞 [1995.6.25]

書評 今橋理子著『江戸の花鳥画』
読売新聞 [1995.5.21]

書評 パトリック・バルビエ著『カストラートの歴史』
読売新聞 [1995.5.7]

書評 トマス・D・カウフマン著『綺想の帝国』
読売新聞 [1995.4.25]

書評 マリオ・プラーツ著『ペルセウスとメドゥーサ』
読売新聞 [1995.3.27]

書評 ウンベルト・エーコ著『完全言語の探求』
読売新聞 [1995.3.13]

書評 鹿島茂著『パリの王様たち』
読売新聞 [1995.2.14]

書評 郡司正勝著『鶴谷南北』
読売新聞 [1995.1.30]

書評 パウル・シェーアバルト著『永久機関』
読売新聞 [1995.1.23]

書評 パトリシア・フィスター著『近世の女性画家たち』
読売新聞 [1994.12.19]

書評 岸文和著『江戸の遠近法』
読売新聞 [1994.12.5]

書評 和田正平著『裸体人類学』
読売新聞 [1994.11.21]

書評 ウラジミール・ジャンケレヴィッチ著『還らぬ時と郷愁』
読売新聞 [1994.10.24]

書評 長尾重武著『建築家レオナルド・ダ・ヴィンチ』
読売新聞 [1994.10.3]

書評 ジェローム・コワニャール著『盗まれたモナ・リザ』
読売新聞 [1994.9.26]

書評 種村季弘著『ビンゲンのヒルデガルトの世界』
読売新聞 [1994.9.12]

駅のホームの「おさがりください」、ああ指示氾濫の規制国家
読売新聞 [1994.9.5]

書評K・コーエン著『死と墓のイコノロジー』
読売新聞 [1994.8.29]

グリーンバーグを悼む
神戸新聞 [1994.5.17]他

書評 マーク・トウェイン著『不思議な少年 第44号』
読売新聞 [1994.8.8]

書評 ピエール・ブーレーズ著『クレーの絵と音楽』
読売新聞 [1994.8.1]

対談 全集に<発見>を求めて / 谷川渥×鹿島茂
週刊読書人 [1994.7.15]

書評 マックス・ミルネール著『ファンタスマゴリア』
読売新聞 [1994.7.4]

書評 M.C.エッシャー著『無限を求めて』
読売新聞 [1994.6.27]

書評 高山宏著『魔の王が見る』『ガラスのような幸福』
読売新聞 [1994.6.14]

書評 ジャン=クロード・ボローニュ著『羞恥の歴史』
読売新聞 [1994.5.30]

書評 R・クーロン / J・R・ケーナー著『パウル・クレー 記号をめぐる伝説』
図書新聞 [1994.5.21]

書評 ジュリア・クリステヴァ著『黒い太陽 抑欝とメランコリー』
週刊読書人 [1994.5.13]

書評 ジュリア・クリステヴァ著『黒い太陽』
読売新聞 [1994.4.25]

書評 モンフォーコン・ド・ヴィラール著『ガバリス伯爵』
図書新聞 [1994.4.16]

書評 ディヤン・スジック著『新世紀末都市』
読売新聞 [1994.4.12]

書評 増淵宗一著『かわいい症候群』
読売新聞 [1994.3.7]

類(ジャンル)を超えた新しい芸術を目指す―ドナルド・ジャッド氏を悼む
毎日新聞 [1994.3.1]

書評 鷲田清一著『最後のモード』
週刊読書人 [1994.1.28]

異端の思想史を読む
読売新聞 [1994.1.17]

バルテュス―曖昧な沈黙
神奈川新聞 [1993.12.7]他

書評 スティーヴン・カーン著『時間の文化史』『空間の文化史』
読売新聞 [1993.11.22]

書評 E・パノフスキー『<象徴形式>としての遠近法』
読売新聞 [1993.11.8]

書評 ヴァルター-ベンヤミン著『パサージュ論機
読売新聞 [1993.10.18]

書評 M・グリーン著『ロビンソン・クルーソー物語』
読売新聞 [1993.10.4]

書評 リチャード・ローティ著『哲学と自然の鏡』
読売新聞 [1993.9.27]

書評 高橋康雄著『ロビンソン・クルーソー 本当の話』
読売新聞 [1993.9.13]

書評 スヴェトラーナ・アルパース著『描写の芸術』
読売新聞 [1993.8.30]

書評 フランセス・A・イエイツ著『記憶術』
読売新聞 [1993.8.9]

書評 木下直之著『美術という見世物』
読売新聞 [1993.8.2]

書評 E・モルワーヌ=ルッチオーニ著『衣服の精神分析』
図書新聞 [1993.7.24]

ルーブル美術館200年展
朝日新聞 [1993.7.9]

書評『ゴートン・スミスのニッポン仰天日記』
図書新聞 [1993.6.21]

書評 藤枝晃雄著『絵画論の現在』
読売新聞 [1993.6.15]

書評 久世光彦著『蝶とヒットラー』
読売新聞 [1993.5.31]

書評 西村清和著『フィクションの美学』
読売新聞 [1993.5.17]

書評 ミッシェル・セール著『青春 ジュール・ヴェルヌ論』
読売新聞 [1993.4.19]

ウンンベルト・エーコ著『フーコーの振り子』を読む
週間読書人 [1993.4.5]

書評 アンドレ・ブルトン編『性に関する探究』
読売新聞 [1993.3.23]

書評 栗津則雄著『自画像は語る』
読売新聞 [1993.3.15]

書評 羽生修二著『ヴィオレ・ル・デュク』
読売新聞 [1993.2.8]

書評 鹿島茂著『絶景、パリ万国博覧会』
読売新聞 [1993.1.25]

書評 ベルナール・ル・ボヴィエ・ド・フォントネル著『世界の複数性についての対話』
読売新聞 [1993.1.11]

書評 ピーター・バーク著『イタリア・ルネサンスの文化と社会』
週刊読書人[1992.12.21]

マニエリスム都市プラハ
読売新聞 [1992.10.6)

ロバート・メイプルソープ展
図書新聞 [1992.7.25]

山の都・京都を守れ
中國新聞 [1991.1.14]他

書評『現代哲学の冒険』第6巻「コピー」第12巻「行為と美」
週刊読書人 [1991.1.7]

討議 皮膚のエロス学 / 荒木経惟×谷川渥×鷲田清一
図書新聞 [1990.11.3]

美と生の調和 アール・ヌーヴォーとユーゲントシュティール展 ゥ凜.襯拭次Ε魯鵐撻
読売新聞(長野版) [1990.9.22]

美と生の調和 アール・ヌーヴォーとユーゲントシュティール展 ぅ茵璽璽奸Ε曠侫泪
読売新聞(長野版) [1990.9.20]

美と生の調和 アール・ヌーヴォーとユーゲントシュティール展 フランツ・フォン・シュトゥック
読売新聞(長野版) [1990.9.19]

美と生の調和 アール・ヌーヴォーとユーゲントシュティール展 ▲據璽拭次Ε戞璽譽鵐
読売新聞(長野版) [1990.9.16]

美と生の調和 アール・ヌーヴォーとユーゲントシュティール展 .┘漾璽襦Εレ
読売新聞(長野版) [1990.9.15]

書評 アンドレ・シャステル著『グロテスクの系譜』
週刊読書人 [1990.7.23]

書評 三島憲一著『ニーチェとその影』
図書新聞 [1990.6.2]

書評 M・H・ニコルソン『暗い山と栄光の山』
日本経済新聞 [1990.1.21]

ポストモダン関係書を読む
週刊読書人 [1990.1.8]

書評 高山宏『黒に染める』
図書新聞 [1989.7.1]

書評 ヴァザーリ『ルネサンス彫刻家建築家列伝』
週刊読書人 [1989.5.29]

対談 観念的自己回復としての物語 / 笠井潔×谷川渥
週刊読書人 [1989.1.6]

書評 笠井潔著『物語のウロボロス』
週刊読書人 [1988.8.29]


書評 V.ジャンケレヴィッチ著『アンリ・ベルクソン』
週刊読書人 [1988.8.1]

読書日録上、中、下
週刊読書人 [1988.3.14][3.21][3.28]

書評 ネルソン・グッドマン著『世界制作の手法』
週刊読書人 [1988.1.4][1.11]

書評 持田季未子著『生成の詩学』
週刊読書人 [1987.9.14]

書評 日本記号学会編『語り 文化のナラトロジー』
週刊読書人 [1987.3.9]

書評 ゾルガー著『美学講義』
週刊読書人 [1986.9.29]

書評 ジャン=フランソワ・リオタール著『ポスト・モダンの条件』
週刊読書人 [1986.8.25]

書評 木幡順三著『求道芸術』
週刊読書人 [1985.6.17]

書評 ウンベルト・エーコ著『開かれた作品』
週刊読書人 [1985.3.4]

 

| 新聞一覧 | 15:19 | - | - |
| 1/1PAGES |